QLOOKアクセス解析

2013年04月16日

ソニーACアダプターの不具合

使わない物の整理をしていると、ソニーのACアダプターが出てきました。

R0011076_R

型番 AC-E60TRG3 、6V/300mAの小型のACアダプターです。

R0011078_R

ごく普通の端子ですね。

2004年か2005年ごろ、SRF-R633Vという小型で結構高級なラジオを買った時に付属していた、充電用のACアダプターだと思います。乗せるだけで充電できる便利なクレードルが付いていました。

ここまではいいのですが、次の画像のように、とんでもない状態になっています!

R0011081_R

根本の被覆が無くなっています。拡大するとよく分かりますが、銅線が剥き出しでプラスとマイナスがショートしてしまいます。

R0011082-2_R

他にも何箇所か被覆が裂けているところがあります。コード全体も、何年も使い込んだイヤホンのコードのようにカチカチで靭やかさは皆無です。

R0011086-2_R

 

R0011087-2_R

まだ裂けていない部分も、ぎゅっと曲げると裂けそうな雰囲気です。

本体の使用頻度が減って使う時だけ電池を入れるようにしたため、クレードルを使わなくなり、ACアダプターは箱にしまっていました。数年ぶりに箱から出すと、この状態でした。

もし、コンセントに差したまま、いつの間にか被覆が裂けてしまったら・・・ショート・発熱、場合によっては発煙・発火の可能性もゼロでは無いように思います。

幸い私は何年も使っていないし、この状態で通電しようなどと思わないのでいいんですが、10年も経たずに自然に裂けてしまうようでは使い続けている人は危険ですね。ACアダプターですから常に見える場所にあるとも限らず、家具の隙間で焼けるように発熱していても、気づかずに放置され続けていたかもしれません。

 

こんな状態になるのは被覆の材質に問題があるように思います。そうすると、目の前にある1つだけの問題じゃ無いハズ。

そう思ってソニーのサイトで「製品に関する重要なお知らせ」を見てみましたが、案内は無さそうです(見つけられませんでした)。

しかし、他の方のブログを探してみると、ありました!

SULさんのブログ

異常発熱の修理結果は...(ソニーACアダプタ)

私の場合と少し違いブッシュの根本で折れてますが、ブッシュも劣化する材質かもしれません。私のもブッシュを曲げると折れるのかもしれませんが、現状維持のためやめておきます。

ソニーさん、リコールしなくて大丈夫ですか?

(個人のブログに書いただけでは見てくれないでしょうけど・・・)

posted by R.yawatta at 01:58| 愛媛 | Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオ・BCL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
リンク先のブログ管理者です。
記事、参考になりました。

他の人の物も同じ症状になるとわかって「やっぱり・・・」という印象です。

多分、設計(もしくは製造)に問題があると私は思いますね。

では!
Posted by SUL at 2013年04月17日 06:19
SULさん、はじめまして、コメントありがとうございます!
30年以上前のも含めて何十個もACアダプターを持っていますが、初めての体験でした。大きいアダプターはショートのまま放置すると、トランス内の温度ヒューズが切れるハズですが、小さいのは入ってないのかもしれませんね。
Posted by yawatta at 2013年04月18日 00:25
私のアダプターも皆さんと全く同じ状態でした。発熱し触れない状態になっていました。これはもう、リコールの対象でしょう?
ソニーと言う看板に傷がつきますね。残念です。
Posted by 坂田 実 at 2015年03月26日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。