QLOOKアクセス解析

2013年12月22日

アンテナ対決! 303WA-2 vs PA0RDT Mini-Whip

我が家のアンテナに、PA0RDT Mini-Whipを加えました。

アイキャスで扱っている完成品ではなく、マイクロパワー研究所のキットのほうです。

実は、最初はパーツを寄せ集めて自作したのですが、ノイズばかり拾うし抵抗が熱くなりすぎるので、どこか失敗してたようです。で、本来はどれくらいの受信ができるものなのかお手本が欲しくなり、キットを買ってみたのです。

131222-1

131222-2

コネクタ類は、一部別のものを使いました。

そしてBNCケーブルを接続後、防水のためブチルとビニールテープを巻いています。

131222-3

塩ビ水道管を2本連結し、4mのポールを作り、温水器のフレームに固定しました。少しの風でもゆらゆら揺れて、強度的には無理がありそうですが仮設置なので良しとします。

131222-4

これで、前回AN-12に圧勝した303WA-2と対決させてみました。

 

40kHz JJY おおたかどや山(福島県)

303WA-2では聞こえません

 

60kHz JJY はがね山(佐賀県)

303WA-2でも充分聞こえますが、Mini-Whipのほうが良好です

 

1669kHz 灯台放送(船舶気象通報) えちぜん(福井県)

303WA-2はかすかに聞こえる程度、Mini-Whipのほうが良好です

 

2485kHz(120mb) ABC Northern Territory

303WA-2の勝ちでしょうか。Mini-Whipはノイズが耳障りで聞こえません。

 

3320kHz(90mb) PYONGYANG BS

303WA-2のやや勝ちでしょうか。

 

3950kHz(75mb) PBS Xinjiang

Mini-Whipはビートが乗りますが、どっこいどっこいでしょうか。

 

4835kHz(60mb) ABC Northern Territory

Mini-Whipのほうが良さそうです。

 

5980kHz(49mb) VOICE OF RUSSIA

ビートが乗りますが、Mini-Whipのほうが安定しているようです。.

 

7245kHz(41mb) CNR 2

ほぼ互角でしょうか。

 

9835kHz(31mb) RTM Sarawak FM

Mini-Whipの勝ちですね。

 

12065kHz(25mb) R.AUSTRALIA

Mini-Whipのほうがやや良いでしょうか。

 

13605kHz(22mb) ALL INDIA RADIO

Mini-Whipはノイジーになり、303WA-2の勝ちですね。

 

15400kHz(19mb) HCJB AUSTRALIA

同じくMini-Whipはノイジーです。303WA-2の勝ちですね。

 

17735kHz(16mb) R.FREE ASIA

一転して、Mini-Whipの勝ちです。

 

という結果ですが、いろいろ使っていると、同じバンド内でも評価が逆転する場合もあり、周辺ノイズの聞こえ方が両者異なるため1つに絞るのではなく、その都度切替えて状態の良い方を使うのが良さそうです。

Mini-Whipは、ちゃんとノイズ対策をして、もっと地上高を稼げばさらに良くなるのでしょうね。

お手間でなければ応援クリックいただくと嬉しいですにほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

posted by R.yawatta at 15:47| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383309472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。