QLOOKアクセス解析

2014年03月08日

秋月のGPSロガーに謎のデータが

私は外出時、よくGPSで移動ログを記録しています。一番の目的は、普通のデジカメで撮影した画像にジオタグを打つためです。

現在使っているのはガーミンのLegendHCxで、単三2本で20時間ほど記録できますし地図も出ます。しかしそれなりに大きいのでログだけ取るには大袈裟です。

そこで、もっと小さいものを探しましたが、乾電池で長時間動く機種は見つかりませんでした。あきらめて内蔵電池で長時間のものを探すと、秋月に1機種だけありました。GT-740FL です。

これは加速度センサー内蔵で、静止が5分続くとスリープするため最長50時間記録できるようです。そして、USB接続のGPSレシーバーとしても使えそうなので、GPS非対応のノートPCにつなぎ、ナビとしても使えるかもしれません。

140307-1

本体は全長7cm、USBメモリーをごつくした大きさです。

140307-2

インストールCDと、腕に装着できるソフトケースが付属しています。

140307-3

私固有の環境のせいでインストールにトラブって時間がかかりましたが、最終的にはちゃんとPCで認識できました。

USBにつなぐと充電が始まり、気づくと充電完了しました。電源を入れてしばらくすると記録が開始され、そのまま置いておくと電源ランプが消えました。ちゃんとスリープしてるようです。手に持って少し振ってみると電源が入りました。これは良さそう!そしてPCに接続してる時はスリープせず動き続けます。

問題なく使えそうです。防水構造だし、これで3,980円はかなりお得な気がします。

 

付属アプリを使ってメモリー上のログデータを読み込んでみると、購入日以前の謎のログが残っています!

表示してみると、中国語っぽい地名の地図が出ました。

140307map

もしやと思い社名でググってみると、台湾にあるメーカーの周辺地図でした。右下の部分がメーカー所在地です。きっと出荷時に電池がまだ残っていて、止まるまで記録されたんでしょう。楽しいデータです。ひょっとしたらわざと残してユーザーを楽しませてるのかもしれませんね。

 

まだ外で使ってませんが、受信精度等問題なければ、普段はこちらを使いたいと思います。

posted by R.yawatta at 00:30| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390818776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。