QLOOKアクセス解析

2014年03月16日

オーム電機 RAD-F125N-H を買ってみる

1000円以下のラジオを3台ほど買ってみましたので、順に紹介いたします。今回はタイトルの通り、オーム電機 RAD-F125N-H で、数色用意されているうち、シブそうなチタンにしました。

1140315-

片耳イヤホンが付属です。

140315-2

外観はなかなか仕上げが良いです。全面塗装されプラの地肌は出てません、プラ成型の精度もなかなか良さそうです。

140315-3

裏の表示を見るとわかりますが、中国製です。今は中国製じゃないラジオを探すほうが難しいですね。

140315-4

電源とAM/FM切り替えスイッチが共通で、ボリュームを絞らないで電源オフにできます。

電池ブタを開けてヒモを引っ張ると、なんと製造番号のシールが一緒に剥がれました(おいおい・・・)。

140315-5

内側の電池を入れるのがとても固いです。手で押してバネが底打ちした位置でも入らず、そのまま無理やりケースを変形させて押し込む感覚です。外側は少し楽ですが、バネが底打ち状態なのは同じです。

実際に受信してみる

単4電池仕様で、本体が一回り小さいので音質は不利です。キンキンした音で歪っぽく、ちょっぴり我慢して聞かないといけません。イヤホン端子からの音は悪くありませんので、そこそこ良いイヤホンを使えば満足できそうです。

いろいろ受信してみると、上のほうの感度が落ちています。フェライト棒を近づけると感度が良くなるので、トラッキングが上にズレているようです。

本体サイズがほぼ同じのSRF-R633Vと感度比較してみると、上はもちろんですが、下の周波数でもやや劣ります。

FMは、地元民放がロッドアンテナだけでは全く入らず、ロッドを手でつまむとかろうじて受信できます。ロッドアンテナが18cmと短いのでしょうがないですね。

分解してみる

開けるといきなりラジオICが見えます。

140315-6

CD1691CBです。ソニー互換のICですね。

140315-7

選局部はバリコン側を含めてギヤを2段経由します。ダイアルを回した時の遊びが多めでしたが、この構造ならしかたありません。精度が出せないならこういうことをせずバリコン直結のほうが選局し易いのですが・・・

140315-8

基板全体です。内部スペースに制約があるので、バリコンも小さく背の高い部品は寝かせてあります。バーアンテナも短そうですが・・・

140315-9

バーアンテナの長さを確認すると、33mmです。

140315-a

感度がイマイチなのは短いバーアンテナのせいかと思います。

 

ではまた組み立てて、いろいろ測ってみました。

受信周波数範囲は、AMが520-1650kHz、FMが75.5-90.7MHzでした。

AMのトラッキング調整をネットワークアナライザーで確認した結果が次の表です。

受信周波数(kHz) RF同調周波数(kHz) ズレ(kHZ)
530 531 +1
600 601 +1
800 794 -6
1000 996 -4
1200 1199 -1
1300 1298 -2
1400 1407 +7
1500 1519 +19
1600 1636 +36

1400kHz以上はかなり上にズレています。工場出荷の調整としては甘いと言わざるを得ません。

このままではあまり嬉しくないので、上だけ再調整しました。調整のトリマは右下です。調整後は800kHzのずれが-9kHzとやや大きめですが、他は1400kHzまで最大3kHz、1600kHzで+10kHzとなりまあまあの範囲に収まりました。

再調整後は上の感度低下は感じなくなり、やっと一人前のラジオになりました。

胸ポケットに入る小さくて安いラジオを探しているなら、値段相応で良い選択かと思います。

P.S. 私の購入したのは旧型処分価格でしたが、現行機種 RAD-F127N-Hは1000円をちょっと超えるようです。

posted by R.yawatta at 00:26| 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 低価格ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。