QLOOKアクセス解析

2014年03月16日

ELPA ER-C25F を買ってみる

1000円以下ラジオの第二弾は、ELPA(朝日電器)の ER-C25F です。

140316-1

両耳イヤホンが付属しています。

140316-2

外観は、直線基調のちょっと変わったデザインです。

140316-3

表はシルバーの塗装、裏はつや消しブラック塗装で、これも中国製です。成型の精度は可もなく不可もなくといったところでしょうか、そう安っぽくはありません

140316-4

 

受信してみる

AMは、地元局は普通に受信できます。ただ、選局に違和感があり、ダイアルを回して目的の局が聞こえた直後に一瞬聞こえなくなります。ゆっくり回すとあまり感じませんが、それなりの速さで回すと必ず起きます。推測ですが、急な変化でAGCがふらつくのではないかと思います。ダイアルを合わせてしまえば問題ないのですが、とても違和感があり選局がしにくいです。それに加え、ダイアルの遊びも大きいので、ますます選局しにくくなっています。受信感度は、南海放送1116kHzあたりまではなかなか良く、昼間にKBCラジオ北九州720kHzも聞こえます。が、地元NHK第一1368kHzがやや弱く、アルミ棒を近づけると改善するので上のほうのトラッキングが下にズレているようです。

受信音はサイズの割に低音が出ず、高音に響いた感じの音が加わりキンキンした音です。声が聞き取りにくいわけでは無いのですが、安っぽい音です

FMは、地元民放FMが悪いながらも聞こえ、及第点です。アンテナを触るとさらに良くなります。アンテナは22cmとそれなりに長いので良く入るのでしょう。

東芝TY-KR3と受信比較すると、AMの低いほうは同程度、高いほうはかなり悪いです。FMは、アンテナ長を同じにすると同程度、東芝のアンテナを全部伸ばすと感度差が開きます。

分解してみる

ネジを外してもツメの噛合が固く、なかなか開きませんでした。

140316-5

バーアンテナは5cmあり、大手メーカーと同じ長さです。しかもコイルはリッツ線で真面目に作られたバーアンテナです。

140316-6

選局ダイアルからギヤ1段経由し、ギヤとバリコンは突起で噛み合っているため、精度が悪ければ遊びが大きくなる構造です。事実、かなり遊びがあり選局が不快なレベルです。

140316-7

基板の裏側に、ラジオICがあります。

140316-8

現物のICをいくら見ても、型番らしき表示は確認できませんでした。ひょっとして内側に書いてあるのでしょうか?でも周辺の部品構成を見るとソニー互換ICかなと思います。

140316-9

 

測ってみる

SGの信号を受信させてみると、受信範囲はAMが515-1680kHz(灯台放送が入りそう!)、FMが 74.2-109.1MHzでした。

ネットワークアナライザーでトラッキングのズレを確認してみると、

受信周波数(kHz) RF同調周波数(kHz) ズレ(kHz)
530 530 0
600 598 -2
800 803 +3
1000 1005 +5
1200 1190 -10
1400 1375 -25
1600 1561 -39

受信テストで感じた通り、上のほうが低くズレています。工場出荷時に調整してないのか、はたまた製造後の経年変化なのか、大きなズレです。

前回のオーム電機よりダメなレベルなので、再調整しました。

調整後は、-6〜+8kHzの範囲に収まりましたのでまずまずで、、比較の東芝ラジオとあまり変わらない受信状況まで向上しました。

調整さえズレていなければ感度の良いラジオですが、音質と選局フィーリングの問題があり、トータルでは微妙なラジオです。

 

p.s. 調整後に、外部アンテナAAA-1をカップリングさせて灯台放送を受信してみると、しっかり入りました。

posted by R.yawatta at 23:46| 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 低価格ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391676253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。