QLOOKアクセス解析

2014年07月14日

303WA-2の疑問

久々の更新です。

以前から、303WA-2は1.8m長のパッシブアンテナなのに意外なほどよく受信できるのが不思議でした。

その不思議を少し検証してみます。

ベクトルネットワークアナライザーを使用して特性を調べてみます。

まず、通常の屋外設置で、ケーブル長は約20mです。

33wa2-20mcable.png

インピーダンスは上がったり下がったり、スミスチャートでは外周をぐるぐる回っています。見た限り、同軸ケーブルをショートした場合に似ています。

試しに、303WA-2を外して、ミノムシクリップでケーブル端をショートしてみるとこのような結果となりました。

short-20mcable.png

インピーダンスの山の数が違うのと、スミスチャートで10kHzのスタート位置が少し違いますが、よく似ています。

では、303WA-2を室内に持ち込み、アナライザーに直結してみます。

303wa2-direct.png

スミスチャートでは外周を1周とちょっと回っていて、中心に近寄る気配もありません。つまりインピーダンスは50ohmからかけ離れた値です。

ということは、20mのケーブルはアンテナとして働くのではないでしょうか?

試しに、303WA-2をPERSEUSに直結した際のHFSpanは次のとおりです。

303wa2

そして、同軸の芯線だけを303WA-2に接続した場合(つまり303WA-2は1.8mの針金として機能します)は次のとおりです。

hot-only.png

フロアノイズに違いはありますが、ノイズと信号レベルの比は同程度です。

直結すると針金レベル、屋外設置だと良く入る・・・違いは20mのケーブルの有無です。

 

結論として

「303WA-2はケーブルもアンテナの一部である」

と言えるのではないでしょうか?

posted by R.yawatta at 22:59| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401766192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。